旧円融寺庭園のサクラ

    円融寺は大村市玖島にあり、大村四代藩主・大村純長が創建した天台宗の寺院。
    明治に廃寺となり、現在は護国神社になっている。池や階段の周囲にサクラがあり、
    景観はいい! 階段を登ると、旧円融寺庭園がある。 
   旧園融寺庭園の裏庭として造られた。東西50mの斜面を利用して、400個にのぼる
   立石を配置していて、桃山時代様式を表現した庭園。昭和51年に国の名勝に指定。

   旧園融寺庭園の一角にある「三十七士の碑」
     勤皇か左幕かで混迷していた幕末の大村藩を、勤皇へ統一した三十七士の功績を
     讃えて建てられた石碑。
inserted by FC2 system